子育てがツライ人へ

温泉大国の群馬県で、育児奮闘中のあいママです(*^-^*)「子育てがツライ・・」と思っていた時に、禅(ぜん)に出会い「これって育児にも当てはまる!」と禅の世界に夢中!!子育てがツライというママたちが、少しでも楽になるように、禅の言葉を、わかりやすく、子育てに置き換えてご紹介します♪      たまに禅に関係ないことも話します(笑)

「こうなってほしい」「こうしなきゃいけない」から逃れる方法

f:id:kurabenaikosodate:20200603141405j:plain
こんにちは!あいママです。


今月から、通常保育に戻った、ふーくん(息子)は、


今日も元気に登園していきました!



約1カ月半、家庭保育だったので、「これは保育園が再開したら泣くな・・(*_*;」と思っていたのですが



本人は、思いのほか楽しそうに登園していてホッとしました。





今日も頑張るママたち!お疲れ様(≧▽≦)


ママの笑顔は家族の笑顔♡



読んだ後は、少し肩の荷が下りてるといいな~

一語でもあなたの言葉を楽にする言葉があったら嬉しいです。



【柳緑花紅 りゅうりょくかこう】

意味

柳は緑色、花は紅色、自然のままの色が美しいように

期待や思い込みを通さずに、ありのままの美しさを見ること



【ありのままの素晴らしさ】

私は、小さい頃ミニバス(バスケットクラブ)に入っていたのですが、

特に運動が好きなわけでもなく、なんなら、どうやってさぼろうかと考えていたくらいです(;^ω^)




そんな私と似たような子・Cくんが男子ミニバスにいて、

私は、そんなCくんを見守りながらも「なんでここにいるんだろう?」と

自分に投げかけた方がいい質問を、

Cくんがコーチに怒鳴っているのを見て思っていました(。-_-。)





それは、Cくんが運動が苦手ということはもちろんですが、


Cくんがめちゃくちゃ"虫が好き"ということを知っていたからです。





三度の飯より虫が好きなCくんは、


ミニバスの試合でも、試合の待ち時間にみんなが練習をしているのに


Cくんは、一人虫かごを持ってきて、何だか知らない虫を嬉しそうに捕まえておりました( *´艸`)





私みたいに、「バスケットをしたいわけでもないけど、他にやりたいこともない子」ではなく、



Cくんは、確実にバスケット以外にやりたいことがあったのです。




実は、Cくんのお父さんはずーっとバスケットをやっていたようで、熱心に毎回試合の応援をしに来ていました。



でも、息子のCくんはさっきまでバスケットボールではなく、

虫かごを持っていましたので、案の定ミスを連発・・。



コーチとお父さんに叱られるCくん・・今は、好きなことをやっていてほしいな~と切に願います。





私も親になり、Cくんのお父さんの気持ちが分からないでもないです。


きっとバスケットから学んでほしいこともあったのでしょう・・


でも、柳は柳の良さがあり、花は花の良さがある。



それなのに、柳を無理やり花にさせようとしても、花にはならないし、

柳の良さもつぶれてしまいます。




これは、子供だけでなく大人だって同じです。


子どもに対しても、自分自身に対しても


「こうなってほしい」とか「こうしなきゃいけない」とか期待や思い込みがあればあるほど苦しくなります。



それは、今の自分を否定する言葉だからです。


自分を否定するって何より辛いことです。




「こうなってほしい」「こうしなきゃいけない」は、ただの自分の幻想です。





でも、そうは言ってもなかなか


すべての期待や思い込みをゼロにするのは


お釈迦様並みでないとダメかもしれませんね(*_*;






だから「こうなってほしい」「こうしなきゃいけない」の60%くらいできてればいっか。


ぐらいでとどめるといいと思います。






例えば、子どもに対して・・・

「もっと優しい子になってほしい」
「弟に意地悪ばっかりだけど、まぁ60%くらいは優しくできてるからいっか」


「もっときちんと食べて欲しい」
「まぁ60%くらい食べてるからいっか」


自分自身に対して・・・

「いつも元気でいなくちゃ」
「元気で居続けるのは難しいけど、まぁ60%くらい元気でいるからいっか」


「洗濯もたまってるし、掃除もしなくちゃ」
「60%くらいできたから今日はここまででいっか」






「こうしなきゃいけない」という自分を傷つける口癖ではなく、
「60%できてるし、まっいいか(#^.^#)」と自分を守る口癖を使うと楽しくなります。



特別美人でなくても

特別優秀でなくても


「まっいいか」


何かにならなくても、"あなたがあなたで"楽しく生きればいいんです。



子育てがツライ人へ - にほんブログ村